Contact us

Search result for:

Metrolab社は、精密磁力計の世界的なマーケットリーダーです。

Metrolab社は、強磁場を非常に正確に測定する機器を製造しています。 1985年の設立以来、世界中の大規模な物理学研究所、および磁気共鳴画像法の中心的役割を担う方々からの信頼を獲得しています。

磁場を効果的に測定できる解決策の提供を、最も優先しています。当社の製品群の設計には、測定技術とアプリケーションに関する35年の専門知識が生きています。 高品質の製品をお届けするために、当社は工業生産の信頼性とサービス会社の応答性の良さを兼ね備えています。

%

AMERICA

%

EMEA

%

ASIAPAC

A global presence

Metrolab社の根幹は研究開発

Metrolab社では売上の18%と労働時間*の41%を研究開発に投資しています。この値は、成熟した技術を持つ企業の標準の2倍です。当社の技術者は応用研究開発に努め、基礎研究での洞察の成果を現実世界で実践しています。世界中の大学、研究機関、その他の企業との共同プロジェクトを通じて、新しい科学技術に追随できるようにしています。

* 2015~2018年の数字

%

Of labour hours

%

Of revenus

Technologies

Metrolab社は磁場測定に必要な4つの技術に精通しています。

核磁気共鳴(NMR)

強い静磁場を正確に測定する用途には、既成の技術の中でこれが最も正確です。当社の磁力計の主な用途を挙げてみます:

高品質のMRI画像を得るためには、対象領域に強力で非常に均一な磁場が必要です。MRIメーカーでは、磁場の不均一性を補正するために磁石のシム調整を行います。
精密なNMR磁力計を使うと、必要とされる正しい補償値の計算のカギとなる正確な磁場分布を取得できます。

超高精度機器は、超電導磁石のB0磁場の測定に最適です。ランピング中に単純なチェックや減衰監視時の高度な長期安定性調査を行う用途に適しています。
NMR磁力計は、別の技法を用いる磁力計を校正する際の絶対的な基準となります。 ビーム偏向用の加速器磁石のリアルタイム監視は、NMR磁力計に最適なアプリケーションで、絶対的かつ完璧に安定した基準点を提供できます。

3軸ホール効果磁力計

測定値は、ほぼ瞬時に得ることができます。 磁場の3軸すべてで正と負の両方の磁場成分を測定できるため、プローブをどのように保持していても、磁場の真の読み取り値が得られます。 probe

ハンドヘルド式の3軸ホール磁力計を用いると、周縁磁場を即座にマッピングできて便利です。

3軸フラックスゲート磁力計

ホール効果磁力計と同様ですが、弱い磁場に適しています。測定値は、ほぼ瞬時に得ることができます。 磁場の3軸すべてで正と負の両方の磁場成分を測定できるため、プローブをどのように保持していても、磁場の真の読み取り値が得られます。 ノイズ特性が優れているため、例えば鉄の塊やAC電力線ノイズに起因する局所磁場の微小な外乱を測定する用途には最適です。 

建物内に鉄骨構造があると、MRI磁石周囲の磁場の輪郭が歪む可能性があるため、磁石を設置する前にMRI装置が設置される部屋、建物等のマッピングを取得する必要があります。

複雑な磁場の測定・マッピングを行う磁束計と高速デジタル積分器

加速器用磁石の高調波成分のマッピングや測定には、高速デジタル積分器に回転コイルや延伸ワイヤシステムを付けて用いられます。

products

製品概要

PT2026 NMR 精密テスラメータ 世界で最も精密な磁力計

Nuclear Magnetic Resonance is the most precise technology to measure magnetic fields, and the PT2026 is the most precise NMR magnetometer on the market. It measures magnetic fields from 38mT to >30T at a precision of 10 ppb.

PT2026の驚異的な精度は、パルス波NMR 検出器と高度な信号処理によって実現しています。これにより、超電導磁石における電流の減衰などの微妙な影響も測定できます。

MFC2046 マグネティック フィールド カメラ

MRIやNMR分光法のアプリケーションでは、数ppm以内の非常に均一な磁場が求められます。NMRはその水準の精度で磁場分布を提供できる唯一の磁気測定技術です。

Metrolab社のマグネティック フィールド カメラは、収集時間を数時間から数分に短縮し、位置決め誤差を数分の1mmに縮小したため、ヒューマンエラーやドリフト誤差が無視できるようになりました。 

磁束計FDI2056 高速デジタル積分器

磁場の過渡現象を定量化できる初の市販品です。

高速デジタル積分器 FDI2056 は世界最速で最も高感度の電圧積分器です。センスコイルを接続し、スイッチングされる磁石で発生する渦電流のような低レベルの磁場攪乱を、高速で測定することができます。

The THM1176ファミリーは

The THM1176ファミリーは、プロ用磁力計としての性能と民生用USBデバイスの使いやすさを兼ね備えています。µTから14 T、DCから1 kHzに及ぶ範囲で±1%の精度を誇ります。磁場の3軸すべてを同時に測定するため、プローブをどのように保持していても、真の磁場強度を読み取ることができます。ケーブル上に小箱が付いた形状に機器全体が小型化されていて、PCやバッテリ駆動のハンドヘルド・コンピュータに直接接続できます。

この結果、世界で最もコンパクトで軽量かつ低消費電力、どこにも持ち運べて何でも測れる磁力計が実現しました。

Metrolab社の3軸磁力計ファミリー用のソフトウェアEZMag3Dも用意しています。

TFM1186 Fluxgate Magnetometer

A compact fluxgate magnetometer with outstanding sensitivity

HMC9076 ホール マグネティック フィールドカメラ

Metrolab社では2017年に3軸の多点ホール磁場マッパーを発売しました。

当社のホール マグネティック フィールドカメラには、多くの長所があります。

複数の測定点でDC磁場だけでなくAC磁場が測定可能

  • 3軸ホールセンサによって、完全な磁場ベクトルを直接測定
  • USBインターフェースにより、電力供給と通信を1本の線で解決
  • 準カスタム仕様で各種要求に対応

MagVector™ MV2 磁力計素子

個々の電子機器に洗練された磁力計を組み込もうとする場合、MagVector™ MV2 は理想的な選択肢となります。Metrolab社の製品でも使用されており、電子機器設計者の方々にもこの技術を活用していただける体制を作っています。

磁石 PM1055 永久磁石

手のひらに乗るサイズの基準磁石です。

Metrolab社の双極永久磁石は小型でスッキリした外観ながら、本格的な科学機器です。磁束密度は0.01 Tから0.5 Tまで揃い、重さ約1 kg、直径は39 mm(0.01~0.27 T)または55 mm(0.5 T)と著しくコンパクトです。

校正

自体は技術とは異なるかもしれませんが、長年構築してきた校正のノウハウがあり、当社製品の成功のカギとなっています。お客様のニーズに応えるため、ISO 17025の認定取得も目指しています。 

We deliver our technology for your application using your language

Serving the needs of thousands of customers since 1985, we address industrial and scientific applications leveraging a growing technology knowhow. We deliver high quality products through continuous improvement in manufacturing and production.

Technology

Mastery of precision magnetic field measurement technologies

Applications

Deep understanding of magnet systems applications
ja